●2020年11月23日公演出演

高瀬 真吾

パーカッション

東京音楽大学を特別特待奨学生として、開学以来初の3年早期卒業にて修了し、卒業演奏会に出演。2011年第28回日本管打楽器コンクールにおいて、打楽器部門で史上最年少ファイナリスト及び第3位入賞。2013年サイトウキネンフェスティバル「子どものための音楽会」、「青少年のためのオペラ」に出演。

カールスルーエ音楽大学大学院修士課程を修了後、平成29年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員 として同大学大学院ソリスト科を修了。これまでに打楽器を菅原淳、久保昌一、村瀬秀美、中村功、Jochen Brenner、Thomas Höfsの各氏に師事。

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube